2021年度京都府立高校入試出題範囲減少について

2021年度京都府立高校入試出題範囲減少について

2021年(令和3年)に行われます京都府立高校入試の出題範囲の減少についてご説明したいと思います。

未だに収束の兆しが見えないコロナウィルスですが、
そのために授業日数確保が十分取れず高校入試の出題範囲を減少して対応することになっております。

では、出題される範囲が除外されるから、その範囲は勉強しなくても良いと言うわけではありません。
授業では学ぶのですが高校入試から除外されると言うことです。

京都府教育委員会より出題範囲から除外される内容を見ていきましょう。

 

○国語 中学3年生で学習する内容のうち「書写に関する事項」

 

○社会 公民的分野のうち「私たちと国際社会の諸課題」

 

○数学 中学3年生で学習する内容のうち三平方の定理、標本調査

 

○理科 第1分野のうち「科学技術と人間」 第2分野のうち「自然と人間」

 

○英語 設問において関係代名詞に関することは問わない。
(本文の読み取りやリスニングの聞き取りなど、検査問題中で関係代名詞が使用されることはある。)

 

このように発表されています。

上記項目は入試に出ないのですが、学年末テストには出題されますので、必ず勉強をしておきましょう。

 

さて、ここからが問題なのですが、この時期は入試の過去問を解いている生徒も多いと思います。

英語ですと関係代名詞が出てこない入試問題はありませんので、出題される問題は例年とは異なるということです。

数学もそうですが、三平方の定理が出てこない入試問題もありません。

当然、それに代わる問題が出題されますので、応用を利かせた難問になると思います。

 

それでは、過去問をやる必要が無いのかと言いますと、過去問は行った方が良いです。

一番良いのは、出題されないから過去問から除外するのではなく、全ての問題を解くことが大事です。

 

高校の勉強でも、出題されていない範囲は使わないのかと言うと、必ず使いますので、無駄には決してならないわけです。

 

受験生にとっては、色々とハードルが高い状況となってしまいましたが、みんな状況は同じです。

 

過去問はしっかり行い、中1、中2の復習もしっかり行い、どのような問題が出ても対応出来るようにしましょう!

 

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。