数検ってご存じですか?

数検ってご存じですか?

英検や漢検はご存じでも、数検って知らない方も多いのではないでしょうか?

その他にも、理検や社検などもございます。

 

数検は「実用数学技能検定」の略になるのですが、習得しておくと何かプラスになるのでしょうか?

 

原則として英検同様に加点や優遇されたりします(こちらも3級以上からですが…)。

 

数学検定の階級ですが1級~11級、準1級、準2級、「かず・かたち検定」のゴールドスター、シルバースターとこれだけの階級があります。

 

  • 1級     大学程度、一般
  • 準1級 高校3年程度(数Ⅲ程度)
  • 2級    高校2年程度(数Ⅱ、数B程度)
  • 準2級   高校1年程度(数Ⅰ、数A程度)
  • 3級       中学3年程度
  • 4級       中学2年程度
  • 5級       中学1年程度

 

その下の級は割愛いたしますが、目安として判断して下さい。

 

「小学1年生で数学検定2級合格!」や「小学2年生で数学検定準1級合格」した小学生もいるのですから、末恐ろしい子供たちですね♪

 

趣味は自分で問題を作ることだとか!?

 

数学者になりたいという夢に向かい、日々解けない問題を作成して、時間をかけて解いていくのだとか。

 

算数苦手!数学分からない!なんて言っているお子さんたちに会わせてあげたいですね。

 

さて、その数学検定の難易度ですが、各項目の基本の式がしっかり理解できていれば、さほど高いわけではありません。(小学1年生で2級とかは別格ですが…)

 

ましてや、入試に有利に働く点は、英検や漢検も同じです。

 

普段の勉強と合わせて、英検、漢検、数検の3級以上を習得しておけば素晴らしいのですが、

正直なところ難しいです。

 

英検や漢検は、年に3回の検定が受けれます(去年申込で本年受けるのを込みで)が、数検は年に1回のみです。

と考えると、数学検定は1年に1回勝負なので付加価値的な難易度はかなり上がりますね。

 

ですが、これから先の事を考えても私が推しているのは、「英検3級以上」です!

特にこれから先は英会話力が非常に重要度が増すとも言えます。

 

ちなみに当塾は、数学検定にも強い塾なのですが、どうしても英検推しで授業を進めています。

 

なので、最終的には本人の決断だけなんですけどね。

ということで、入試優遇の為にも、自分のスキルアップの為にも、どれか1つでも3級以上の検定を取っておきましょう!

 

 

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。