2020年の教育改革!特に英語の強化が著しく変わる。

2020年の教育改革!特に英語の強化が著しく変わる。

皆さんこんにちは、福知山市前田に拠点を置く「自立型個別学習塾イクト」です。

タイトルにもございますが、2020年の教育改革はもう目の前まで来ています。

特に大きな変化がある「英語改革」について、お話をさせていただきます。

この背景にありますのは、「グローバル化の進化および定着」があげられます。

簡単にご説明しますと、

  • 日本国内で働く(暮らす)外国人の増加
  • 海外で働く(暮らす)日本人の増加

に伴い、様々な言語や文化を持った外国人と、一緒に働く環境が年々増加している訳です。

その流れの中で、今までの日本の英語教育では、到底乗り越えることの出来ない英語会話の壁が立ちはだかり、大手企業はもちろんベンチャー企業はなおのこと、英会話が出来る人材を多く雇い始めます(日本語と英語が話せる外国人でももちろん良い訳です)。

ここで、本題に入りますが、

「具体的に2020年から英語の授業はどう変わるのか!」

になる訳ですが、高校卒業までに「英語による日常会話が出来るようになる」~「さまざまな状況に対応出来る英語力(会話含む)」これ以上を目指すとされています。

ざっくりいいますと、非常に英語の授業の難易度が上がり、ついて行けない生徒が続出(出来る出来ないの差が大きく出てしまう)するということです。

また、入試での英語も2020年から非常に難しくなり、さらには英検を取得できていない生徒と、取得している生徒では、点数の差が大きく変わってきます。

今年、新中学1年生になる生徒は、中学3年生の時にいきなり難易度が上がるので、高校入試の英語で苦戦することはまず間違いないでしょう。

2020年からの英語の授業はこう変わる!

  • 小学校3年生~4年生より、英語に慣れるための授業が導入されます(年間35時間ほど)。
  • 小学校5年生~6年生より、教科としての英語が始まります(年間70時間ほど)。
  • 中学校と高校では、基本的に英語の授業中は英語で行うようになります(会話などや先生指導も)。

当然ながら、小学校5年生~英語の成績評価も加わりますので、2020年になっていきなり難しくなる英語への対応を、今から行っていかないと到底間に合いません。

「自立型個別学習塾イクト」においては、2020年英語改革に対応したカリキュラムや、英検対策も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

2020年はもう目の前まで来ています。

遠い未来の話では無いということを認識された上で、今からでも遅くはありませんからグローバル社会の進化に取り残されないように、英語プラス英会話の勉強を行っていきましょう。

当塾では、基本的に小学校4年生から中学校3年生までの塾ですが、小学校4年生から英語の授業を行っていますし、もしご要望がありましたら、小学校1年生からの英語教育や、高校生の今までの遅れを取り戻す英検特化コースも出来ますので、お気軽に電話やメール、または来塾されてのお問い合わせも大歓迎です。

無料体験もご用意しておりますので、間近に迫った2020年教育改革を一緒に乗り越えていきましょう。

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。